店内のにおいとゲージ内のお手入れ

ペットショップで購入する際、まず一番先に確認したいのが掃除と手入れが行き届いているかどうかです。排泄物が未処理だったり食べ残しがあったりするペットショップはおすすめできません。

ゲージ内や店内が綺麗に清掃されていれば安心できるペットショップだと言えますね。

販売している犬の健康状態

ショーウィンドウに並んでいる犬が尻尾を振って喜んでいれば元気な証拠です。

痩せすぎていたり毛艶が悪かったりすると動物の世話が行き届いていない可能性が高いですね。

ワクチン接種履歴の情報

ペットショップで販売される犬には価格の他にも、生年月日や性別、ワクチン接種の有無が明記されています。

子犬の場合は生後50日以降に打つのが望ましいとされているので、ワクチン接種が行われているか確認してみて下さいね。

ブリーダーとの付き合いの有無

ペットショップの仕入れルートは様々ありますが、ブリーダーから直接仕入れるショップはおすすめです。

ブリーダーのもとで育つ子犬は母犬や兄弟犬と一緒に大きくなるため、社会化が身に付き育てやすい可能性が高いと言えます。

生後45日以上経過していること

日本では動物愛護管理法により離乳期前の子犬の譲渡は禁止されています。それは生後45日未満の子犬を母犬から引き離すのは不適切と考えられているためです。

ペットショップで購入する場合は明記されている数字に注目すると良いです。ブリーダーから直送の場合は生後45日以上経過しているのかを確認してみて下さい。生後40日未満でショップに来ている場合は早期に母犬から引き離された可能性が高いですね。

神奈川県にはファミリー世帯が多く暮らしており、ペット需要の増加に伴ってペットショップも多く出店しています。そのため、ペットショップなら神奈川県で探すことで、魅力的なショップがスムーズに見つかります。