動物愛護団体から譲り受ける

動物愛護センターや保健所、愛護団体などから捕獲された犬や飼育放棄された犬が対象で、里子として引き取るという方法です。

子犬から純血種まで様々いますが、引き取ることで犬の命を救うことができます!

野良犬をペットとして飼う

外で歩き回っている犬を自分の家へ迎え入れるという方法です。首輪をしていない、マイクロチップをしていないことが前提となります。

健康状態や人慣れは犬によって異なりますが、保健所や動物愛護センターへ収容されるのを事前に防ぐことができます。

ペットショップで希望の犬を探す

犬や猫、爬虫類や小動物などの販売を行うペットショップで犬を購入するという方法で、豊富な種類の中から好きな犬種を選ぶことができます。

衛生的なゲージと生後7週間以上経っている子犬ばかりなら優良なペットショップと判断できます。

ブリーダーから購入する

繁殖し生まれた子犬を商品として販売する人をブリーダーといいます。ペットショップを経由するのではなく、ダイレクトにブリーダーから購入できます。

犬がどの様な環境で育ったのかを直に見ることができるのがメリットで、兄弟犬と一緒に育つため社会化が進んでいるのも魅力です!

ネット販売で犬を購入する

近くにペットショップが無い、時間に余裕が無いため買いに行けない場合は通信販売があります。ペットショップが運営しているサイトもあれば、個人が運営しているサイトもあります。

自宅に居ながら犬を購入できるため手軽な方法です。けれども画像や説明でしか確認できないので手元に来たら思っていたのと違うこともあります。そのためネットに掲載される情報だけでなく、個人的に問い合わせをして詳細を聞く必要があります。

ペットショップは犬や猫などたくさんのペットを売っているお店です。大切な家族になってくれる運命の出会いが期待できます。