取り付け方法を確認しておく

何も考えずにブラインドを選んでしまうと後悔することも珍しくないため、いくつかあるポイントを押さえておきたいものです。中でも取り付け方法は重要で、窓のサイズやタイプによってはブラインドを設置できないケースもあります。

基本的には重量のあるブラインドを選んだ時は、落下防止のためにもボルトで固定するようにしましょう。それから窓のサイズよりもブラインドの方が若干小さいのなら、内側で留めておくとすっきりとした見た目になります。

また、賃貸の場合は勝手に壁やサッシに穴を開けるわけにはいきません。その場合はアルミのブラインドにしておくのが無難です。非常に軽いのでカーテンレールにネジ止めできるため、部屋を傷つける心配を減らせます。

操作方法にもこだわっておきましょう

ブラインドの操作方法にはいろいろあるので、実際に触れて使いやすいのかを確認してから決めると良いです。

一般的なものはポールを回転させることによってスラットを動かし、光の入り具合を調節します。そしてコードを引っ張ったり緩めたりすることで、ブラインドを上下させるというものです。とても扱いやすいですし、たくさん出回っていることもあって、安価で買える場合が多いです。

次にコードのみのブラインドですが、こちらは操作にコツがいります。理由はスラットを動かすとブラインド自体もわずかに上がってしまうことがあるからです。他にもポールだけのブラインドが売られていますが、実はコードはポールの中に収納されています。そのおかげでコードが絡まるなどといったストレスから解放されます。

オーダーのブラインドならば、素材やサイズ、デザインを自由に選べます。そのために、好みにぴったり合うブラインドを部屋に設置することができます。